校歌斉唱!スリサーサー ハーイーヤー

 

うちなー的うちーなー

校歌斉唱!スリサーサー ハーイーヤー

とうとう言おうか、やっとと言おうか、それとも来るべきものがついに来たかとでも言おうか、選抜高校野球の紫紺の優勝旗が沖縄に渡ってきた。いまは飛行機で行き来をする時代だから、どちらかというと渡ってきたというよりは空から降ってきたという感じがしないでもない。

沖縄のチームが甲子園の土を踏んでから41年目だという。沖縄尚学高校が優勝すると予想した人が果たしてどれだけいたことか。まず、「良かった、一勝できて」と沖縄側は喜んだ。次に「また勝てて良かった」と2勝目を率直に喜んだ。もぅ、そろそろ負けるハズよ、という声が出た頃だったがそれでも勝ち残ってた。こうなると欲が出てくるものだ。それでも優勝するかもと予想した沖縄の人は皆無だった。

野球に限らず、決勝戦が最大山場のはずだっだが今回は違った。準決勝のPL学園がピークだった。「沖尚がんばれ!」と声をだしつつ、実は(負けるはずよ)と沖縄中が考えてた節がある。もうここまで来れば立派、という非プレッシャーは大いなる武器であった。

沖縄にもPL教団の教会がある。数年前、たしか沖縄水産高校が暴れまくっていた頃なのだが、PL教団の教会に世にも珍しい懸垂幕が下げられていた。そこには、

「めざせ日本一 PL学園高校」、

「めざせ全国一 沖縄水産高校」

という幕が並んで掲げられていた。これはどのように解釈すればいいのだろうか。ボクは独りで勝手に悩んでいた。両校が仮に決勝戦だろうが一回戦だろうが、ぶつかったときにはどうするのだろうか。果たして日本一と全国一はどちらが強いのだろうか。誰にも相談するわけにはいかなかった。

こうなると「地下鉄はどこから車両を入れるのか」的にさえなってくる。幸いなことに両校があいまみえることはなかったが、それにしてもボクの悩みは解決していない。あれから歳月は流れた。日本一と全国一が頭から離れないでいるところに今回も懸垂幕を見てしまった。ところが今年は、「甲子園出場おめでとうPL学園高校」と「甲子園出場おめでとう 沖縄尚学高校」になっていた。ホッと胸を撫でおろすと同時に、どこか期待はずれで、あめ玉を取りあげられた子どもの心境になっていたものだ。

天王山はやはり対PLであった。勝手に天王山の相手をさせられる高校生も可哀想だが、これは仕方がない、沖縄は一度も勝たないと納まらない運命みたいなものがあった。ただし予想よりは早かったけどね。納まらないというのには、ある複雑な事情があった。

やはり数年前の甲子園でのこと。柔道国際試合並みに、やたらと「教育指導」を連発する高野連は、何と沖縄の応援スタイルを「奇異」と表現して我がエイサーを禁じてしまった。これで柔道で言えば、得意技の間接技を販促技として禁じ手にされたようなものだった。柔道なら「待て!」があるが、ボクは「待てー、待てー」エイサー問題に強い関心と苛立ちを感じたものだ。

高校生らしく、というのが本音のようである。よく比較される広島のしゃもじとかは別の次元である。沖縄は小学生どころか、全国一の就園率を誇る幼稚園や保育園の頃からエイサーに親しんでいる。さすがに高校ともなると体育祭などではやらないが、その代わり、地域でのエイサーは高校生が主体になっているところも多い。エイサー青少年はブインブインブインと暴走行為をしたりする時間も惜しんでエイサーの練習に明け暮れる。実に高校生らしいではないか。

あっ、どうも。優勝した勢いで日頃の鬱積した気持ちを暴露してしまいまして…。とは言うものの、もう少しだけ勢いにお付き合いしていただきたい。

 

校歌斉唱!スリサーサー ハーイーヤ―。-2

 

うちなー的沖縄

校歌斉唱!スリサーサー ハーイーヤ―。-2

これは高野連とは直接の関係のないのだが、どうしてこうも各高校の校歌は楽しくないのだろうか。北海道も東京も大阪も沖縄も、校歌がみんな同じに聞こえてしまう。この際だから沖縄以外のの高校は無視することにして、沖縄の高校の校歌を問題視してみる。古い高校なら伝統だからということで変えにくいのだろうが、せめて新設校は工夫がほしいではないか。全国均一ワンパターンから脱却できないだろうか。幸いというか、沖縄には立派な音楽がある。普久原恒男作曲であるとか、喜納昌吉でもいいし、りんけんバンドもいる。八重山なら「ゆんた・じばら」があり、男女高校生が歌を掛け合うというのはどうだ。宮古だとやはりクイチャーだろうな。死ぬまで一度でいいから、マウンドでクイチャーを踊る球児たちを見てみたい。

言いたい放題しゃべっているが、あらためてお許しを。もう一度、エイサーに戻ることにしよう。沖縄は何故かしら高校生の制服規制が全国一、あるいは日本一ではないかと思えるほどにこと制服に関してはひどい。そこでこれは仮に、本当に仮である、ある高校の制服がエイサーの装束だったらそうなるのだろうか。それと校歌がこれまたエイサーぽかったらどうなるのだろうか。まさか制服は着るな、効果は歌うなとは言えないだろうな。

次回の第17話は「沖縄の高校生の制服問題を考える」という極めて社会派に属するような話をしてみたい。これで今月のホームルームの時間を終わります。

 

 

バッシュ―は ファッションだけじゃない

 

 

うちなー的沖縄

バッシュ―は

ファッションだけじゃない

時代の創成期というのは、信じられないほどおかしく面白い。

そういうことで随分と古い新聞記事を拾い読みしてみた。それは30年前のものでスポーツ記事に関するものであった。そこはインターハイ(全国総合体育大会)に関して「全員予選で失格」「女子は大敗を喫す」「郷土勢いぜん振るわず」「不振の沖縄勢」「また予選失格」「沖縄勢つぎつぎと敗退」

「一セットも取れず」というようなものであった。

とにかく負け続けている様子と、それを惜しがる沖縄の新聞記者達の様子が

うかがえる。そのちょっと前には、インターハイに向かう選手たちに対する

戦前の予想というのも載っていたので拾ってみよう。

「サッカーは沖縄では最も歴史の浅い種目である。それだけにレベルは全国的水準よりかなり低く成績の面では多くは望めない」と悲観的な見方をしている。しかしそれだけではとどまらない。「いろんな面で昨年よりよくなっている。その技術が本土で通用するかどうかとなるとかなり疑わしい」とまで言っている。なんと絶望的な予想であることか。だ

たしかに、そういう時代であった。とにかく出れば負けの時代が永らく続いた。当時で言えば、得意としていた種目はボクシングくらいなものではなかっただろうか。たしかにボクシングは強かったように覚えている。

負け続ける原因はいくつかあったはずだ。まず沖縄の地理的な環境があって他都道府県との交流時代が極端に少なかったこと。指導者がほとんどいなかったこと。せっかく全国大会に参加しても船や汽車を乗り継いでヘトヘトになったことなどが挙げられるだろう。

そういうなかにあってボクシングだけは光っていた。何故か。逆説に考えて

みよう。まず、交流試合は他都道府県よりも韓国との定期戦というものがあった。ボクシングはハングリースポーツである。その点、韓国式の肉を切らして骨を断つ式とはウマがあっているのでは。彼らがニンニクを食べるように沖縄の高校生ボクサーはゴーヤーを日常的に、それも生でかじっていた

(これ、真っ赤なウソ)本格的な指導者はいなかったが、それでも情熱はすごかった。実際に多くの世界的なチャンピオンの基礎は彼らが深く関わっている。ジャブだ、ボディーだ、ポイントを取れ! 離れろ離れろ、やれクリンチだなどという細かい指導ではなく、単刀直入でダイナミックな指導法が

高校生たちを導いていた。

「クルセー、クルセー、タタックルセー、」とセコンドからは唾が飛んでくる。クルセーとは懲らしめろ、という意味なのだが。周囲からの印象は「

殺せ、殺せ、叩き殺せ」ということになるのでは。なんともすざまじいセコンド陣の声援ではないか。相手は高校生である。「殺されるかもしれない」

と自分の人生を悲観した選手がいてもおかしくない。

さて問題は、先に線分記者から見つけたサッカー創生期の頃についてである。とにかく弱かったであろうことは記事を見ただけですぐに、それもおおいに理解できた。サッカーというよりは蹴玉という文字が馴染んでいた時代だったのかも知れない。どこの高校でやっていたわけではない。極めて特殊なスポーツとしてスタートしたことになる。予選でもとにかく参加校が少ない。

あの頃だと、たしか久場崎ハイスクールも出場していたという。この久場崎ハイスクールだが、この学校名を知っているのは地元沖縄でも半数を割り込んでいる時代にさしかかりつつある。久場崎ハイスクールとはアメリカ基地内高校のことである。幸いなことに、アメリカはサッカーは発展途上国であった。これがバスケットとなるとプロアマほどに実力の差があった。

 

 

バッシュ―はファッションだけじゃない。-2

 

うちなー的沖縄

バッシュ―はファッションだけじゃない。-2

なにはともあれ予選を勝ち抜いて、ある高校が栄冠に輝いたと書いたが、簡単にそのような言葉を発してはいけないかも知れない。なにしろ、指導する教師はいなくて、とって付けたような顧問の教師が一人だけ。決勝戦になって「ひょっとして」と初めて試合場に駆けつけてきたりして。唯一の指導は

「足だけではなく、もっと手を使え!」だけだったりして。ボールもチーム全体でわずかに1個だけという寂しさだったりして。時には篭球(バレーボール)を代用したりして。

硬すぎるボールを蹴ったり、それでヘディングをしたりするので痛くて、それこそ血と汗と涙で克ち取った栄冠であったはずだ。二回勝てば優勝なのだが、それでも立派な沖縄代表としてインターハイで全国の高校生と合間見えることになる。「この技術が本土で通用するのかどうかとなるとかなり疑わしい」と酷評されようが代表は代表だ。

いざ出発。無心の少年たちは鹿児島まで船でわたり、そこから開催地まで汽車の長旅だ。はやる気持ちを押えて、鹿児島一番の繁華街である天文館に青春一直線である。そこでまずはサッカーシューズを買わなければならない。

そう、彼らは予選をバスケットシューズで戦い抜いたのだった。

 

 

演奏は一、二、三、はいっで始めましょうね。

 

うちなー的沖縄

演奏は一、二、三、はいっで始めましょうね。

四年前八月二十六日の夕方、那覇市内で大音響がとどろいた。

「天に響(とよ)め さんしん3000」のイベントが行われたのだ。

その年は沖縄戦が集結して50年の節目のとしであった。その区切りの

年に那覇市が中心になって企画された。三信演奏者三千人を集めての

レクイエムということであった。レクイエムとはいっても沖縄では

「かぎやで風」がなければ何事も始まらない。十曲程度あかかじめきめて

おいて、みんなで演奏しようというももだった。全曲を弾きこなしても

参加できたし、とうとう最後まで一曲もこなすことができないで歌だけの

人もいたみたい。

なにしろ三千人が演奏参加するということで、いろいろと問題はあった。

まず、それだけ収容する舞台がないし、仮に造ったにしてもとんでもない費用がかかる。そこで陸上競技場のメーンスタンドを舞台にして、観客が

グランドという仕組みを考えた。日頃はスタンドから走ったり投げたり跳んだりする選手たちを見おろすのだが、その時だけはぎ逆になった。これだと

幾らでも客席が確保できる。実際に有料入場者数二万人、それ以外に無数の

ヌギバイ(金を払わないで正式な出入り口以外からの観客)の方々が競技場

へ滝のようになだれ込んでいたとか。

次に問題になったのは演奏する決定である。なにしろ、古典音楽の全流派、

民謡の各団体、それと最高94歳を筆頭とする老人センター、小学生たちが歩調を合わせて歌えるものでなければならない。生まれて初めて三線をてにする人から、国宝級の大先生までと、その幅は広すぎだ。関心したのだが、

イベントの趣旨に賛同した各団体は事務局の安に異をはさまない。あちら立てばこちら立たずではなく、逆にみんなが総立ちという何とも理想的な状況が生まれつつあった。選挙区に関しては実にスムーズであった。

この「天に響め さんしん3000」では中心になる課題曲があった。歌詞を全国から公募して、それに対してTHE BOOMの宮沢和史さんが曲を付けるということになっていた。そして曲はできあがった。この曲に関しては

大人たちよりも、むしろ子供たちのほうが馴染んでいた。

そして最後の問題だけが残った。三千人が一斉に、どのようなきっかけで演奏を開始するかである。そして誰が中心の演奏者を務めるのかである。超ベテランだけだったら、演奏リーダーの肩の動きとか間合いみたいなもので開始できるのだが。市民会館などの大きなホールで行われる三線の大合奏でも

幕の影から合図したりするが、とにかく規模が違いすぎる。なにしろ演奏者

の最右翼と最左翼とでは百メートル以上も離れている。葬式者に関しては

那覇市役所の職員でもあるし、民謡界ではいまや押しも押されぬ存在でもあるし、それに古典音楽に秀でているということで大工哲弘さんにすんなり決定した。最後の最後の問題は、開始のきっかけだった。

時計の時報を利用して、「ピー・ピー・ピー・ピーッ」という案、演奏者全員が見える向こう側で大きな旗を振り下しという案、F1レーシング場のように信号を点滅させる案、「ドドンドンドン」と太鼓を鳴らす案、いろいろ出た。いずれも一長一短であって、思わぬところで足踏み状態になってしまった。実行委員会や事務局が悩んでいる間にも参加者の練習は順調に進んでいた。参加の動機は様々であったようだ。これをきっかけに三線を我がものとしたい、THE  BOOMと演奏してみたい、ディアマンテスやTHE  BOOMの前座を務めてみたい、ただただ三千人演奏に身を置いてみたい、などなど。すべての準備は整った。観客も、遠く仙台からきた女も子など数十人

の徹夜組ができるなど心配はなかった。最後の心配は天候であった。演奏者の中には百万円もするような三線という人もいる。

本番当日の、未だ朝も明けやらぬうちの早朝、びんしー(沖縄の神頼み道具セット)を携えがて近くの御嶽(沖縄の聖なる空間)に「雨が降りませんように」と必死に願う実行委員会事務局長のけなげな姿があった、つまり、一心不乱に祈るボクがいた。インスタント祈りはやっぱり駄目だな、と思い知らされる洋に作業開始直後に大雨降った。しかし雨はしばらくすると止み

それからは暑すぎるほどの天気を回復した。イベントが終了してしばらく再び大雨となったが、スタッフは「まるで誰かが神様に祈ったみたいな天気ですね」と言っていた。ふふ、ふふふ。

お役所的ではない千人ものスタッフ、三千人もの演奏者、それに二万人プラス「ヌギバイ」集団の最大の問題が近づいていた。さて、どのような大演奏のきっあかけをつくるかである。大工哲弘の提案で「一、二、三、はいっ」

ということになった。

いよいよである。緊張気味の大工哲弘が大ステージ中央のマイクの前で乾いていたであろう唇を舐めながら声を発した。「一、二、三、はいっ」「四」

は余計であったが、何故かしら演奏はピタリ揃っていたから不思議。

 

 

 

演奏は一、二、三、はいっで始めましょうね。-2

 

うちなー的沖縄

演奏は一、二、三、はいっで始めましょうね。-2

本番当日の、未だ朝も明けやらぬうちの早朝、びんしー(沖縄の神頼み道具セット)を携えがて近くの御嶽(沖縄の聖なる空間)に「雨が降りませんように」と必死に願う実行委員会事務局長のけなげな姿があった、つまり、一心不乱に祈るボクがいた。インスタント祈りはやっぱり駄目だな、と思い知らされる洋に作業開始直後に大雨降った。しかし雨はしばらくすると止み

それからは暑すぎるほどの天気を回復した。イベントが終了してしばらく再び大雨となったが、スタッフは「まるで誰かが神様に祈ったみたいな天気ですね」と言っていた。ふふ、ふふふ。

お役所的ではない千人ものスタッフ、三千人もの演奏者、それに二万人プラス「ヌギバイ」集団の最大の問題が近づいていた。さて、どのような大演奏のきっあかけをつくるかである。大工哲弘の提案で「一、二、三、はいっ」

ということになった。

いよいよである。緊張気味の大工哲弘が大ステージ中央のマイクの前で乾いていたであろう唇を舐めながら声を発した。「一、二、三、はいっ」「四」

は余計であったが、何故かしら演奏はピタリ揃っていたから不思議。

 

 

 

うちなー的沖縄 シャ島

うちなー的沖縄

シャ島

シムシティやシムアントみたいにバーチャルに島づくりや島おこしがあると楽しいじゃないか。シム島(アイランド)これがまた壮大なスケールで、まずは島の発見、

上陸からはじまったのだ。開拓が行われ、農業や漁業がはじまり、やがて人口も増えて、文化が芽吹くのにおよそ100年。それから、様々な開発や

産業を興し観光ブーム到来まで100年。開発による環境への影響、ライバル島の出現、他国の干渉等様々な問題を孕みつつまた100年。100年のスパンを主ミレーとするのに約一週間、島の風習や伝統行事や独自の宗教観

も設定しないといけないので、とにかく忙しいのだが、設定した諸事が発展したり淘汰されていくのを観察するのも醍醐味だ。やがて神になった気分になり・・・・。

問題はゴール設定が難しく、実島生活とバーチャル島生活の二重生活を強いられる事か、書いてるだけで疲れてきたぞ。ネットで調べたらシャムアイランドてあったけど「美ら島物語」がいいさー」