嘉手納のおじいと嘉手苅のおとぅ

 

 

うちなー的沖縄

嘉手納のおじいと嘉手苅のおとぅ

親しい友人にYさんという人がいる。彼はかれこれ三十数年、人生の三分の二を

東京という異境の地で過ごしていることになる。東京に行くたびごとに泊めてもらっているし、娘が受験の時も世話になりっぱなしであった。

そのYさんが学生時代に沖縄に帰省したときのこと。彼の帰省に合わせて東京の友人たちも沖縄に遊びに来た。沖縄初体験はこうゆう形も多い。丁度、旧盆に合わせていた。旧盆であるから親戚回りを行う。友人たちもおのずと同行することになった。

沖縄の旧盆は地域によって若干の違いがあるが、おおよそほぼ同じ形式である。旧暦の七月十三日にウンケー(先祖霊のお迎え)で、十五日にウークイ(送り)ということになる。その間、先祖が喜びそうな、実は生きている人も喜びそうな御馳走をつくり、トートーメ(沖縄式仏壇)にお供えをする。先祖が食べたかナー、と思えるころにウサンデーといってご相伴に預かる。子ども心にこれが待ちどうしかったものだ。

初日はウンケージューシー(お迎え用硬め雑炊)で、二日間の中日が素麺や団子、そして送りの日がオキナワン料理オールスターみたいな重箱料理が出た。今でもこの基本形は変わらない。最近の子どもがこうゆう料理に見向きもしないのは、いつでも食べられるからかもしれない。貴重な御馳走であった。ゆえに盆明けは食べ過ぎなのか、それとも幾度と温め直したりするせいか、やたらとワタグルグルー(腹を痛めてグルグルーする様子)する子どもが続出していた。

Yさんと東京から来て友人たちは共に親戚回りをした。おそらく旧盆の最終日であったと思われるが、嘉手納でのこと。親戚のおじいさんは寡黙であったという。本当は寡黙ではなく口下手だったのかもしれない。寡黙と口下手は同じようで実はそうではない。

今でもときどき見かけるのだが、思考法がヤマト口ではなく、沖縄の言葉で組み立てるお年寄りがいらしゃる。例を挙げると、「そこへ行くから」というのを「そこへ行くから」と表現してしまう。これなどは沖縄方言の直訳そのものから来ている。近しい親戚の子が友人たちを連れて遊びに来ている。礼儀として何か声をかけるべきなのだが、どうにも口をついてこない。

そのうち盆用の料理が出される。一緒に食べている間も沈黙の空気は流れ、暑い沖縄での扇風機を果たしていた。せっかく訪ねて来てくれたのに。嘉手納のおじいさんは少々焦っていた。何か声をかけなくては。

おじいさんが声をかけるべく、脳で組み立て始めた。<ヤサヤサ、マジェー、シシカラヤサヤー。トー、カマブクンマーサンテー(そうだそうだ、豚の三枚肉に手を出した。いいぞ、いいぞ、蒲鉾もおいしいぞ)>。友人たちは次第に料理へ箸を付けだした。誰かが揚げ豆腐をゲットした。

まさに、まさにその時だった。

「これ豆腐。東京にもありますか」

と、おじいさん。それまでの座は扇風機状態であったが、いきなり瞬間冷房状態に変わったと思われる。おじいさんの価値観だと、豆腐は沖縄固有のものであるとの確信があった。ひょっとしておじさんは、シシ(肉)カマブク(蒲鉾)というヤマシロの単語が思い浮かばなかったに違いない。そして豆腐という共通の言葉が重なったところで、満を持したかのように声を出したのだろう。

話は変わっても、とはいってもほとんど変わらない話を。

那覇の国際道りのど真ん中に沖縄三越がある。沖縄を訪れる観光客で、三越」があることに意外だと驚く人もいるが、香港にもシンガポールにもハワイにもあるわけだから、それほど驚くことではない。逆に東京に三越があったと驚く沖縄の人もいる。

さきほどは嘉手納のおじさんの話だったが、今度は嘉手刈のおとぅの話。つまりは嘉手刈林昌さんのことについて。知る人ぞ知る、知らない人も知っているくらいに沖縄島唄界の最長老なのだが、この方の逸話は沖縄の夜空の星の数ほど多い。

東京での公演があって・その合間をみて散策としゃれた。「そうか、ここが東海道五十三次で有名な日本橋か」と思ったかどうかはわからないが、沖縄のスーパースターはとにもかくにも日本橋界隈に立った。

見上げるばかりのビル、ビル、ビル。東京に空がないと言ったかどうかは別にして、はじめてみる雲をつくような東京に嘉手刈林昌は感心した。しばらくの間、スーパースターの目はゆっくりとパーンを繰り返した。

「んっ」と、そのときある建物に釘付けになった。

嘉手刈林昌いわく、「うちなーヌ三越ン立派ヤッサー」と。これでは解らないので、直訳してみる。「沖縄三越は立派だ、偉い!」と言ったのだ。これまではますます解らないので、心象風景を文字に表してみる。

<沖縄にある三越は立派だ。頑張って東京にまで支店を出して>ということになる。つまり彼は、沖縄の三越が本店で、日本橋の三越本店を支店だと勘違いしたのである。

偉大なる、そして立派な勘違いではないか。