ちゃんぷるー

 

琉球の正月

歴史と風土が育てた料理

各地域、家庭により様々な違いの見られる正月料理。

沖縄には本土の正月料理のように

特に決まったお節料理というものがないが、

伝統的な琉球料理のもてなし料理や

縁起の良い料理を中心にアレンジして盛りつけているのが見られる。

本土の一般的正月料理とは食材も料理法の異なる

沖縄独特の新・正月料理の味を探る。

 

伝統的宮廷料理のおもてなし

宮廷料理と庶民料理

琉球料理、と聞いて想像するどんな料理だろうか。ラフテー、イナムドゥチ、ドゥルワカシ・・・など、少しでも名前が出てこれば、それはすでになかなかの沖縄通であると言ってよい。

琉球料理には、もともと琉球王朝時代の宮廷料理と、一般の庶民料理という二つの料理の流れがあり、宮廷料理は主に首里の上流階級や那覇の裕福な家の行事食として、あるいは最近ではいわゆる観光客向けの琉球料理店などでその献立を味わうことができる。

これに対して、一般庶民料理は、基本的に自給自足で、沖縄の自然条件や気候風土などを乗り切るための生活の知恵がふんだんに盛り込まれていた、その土地に根ざした料理と言え、現在でも多くの一般家庭の中で残されているのも多い。沖縄で正月というと、一昔前まで新正月と旧正月の両方を祝うところが多く、沖縄には2回も正月があるのかと、驚く観光客のいたというが、最近は一部の地域を除いて、ほとんどの家庭が新正月のみ祝うというように時代も変わりつつある。